薄毛に悩んでいるならharg療法を受けよう

男性の脱毛症の原因と対策

男性

発症しやすい人の解消方法

髪は発毛から成長、停滞期、脱毛を数年かけて繰り返しており、これをヘアサイクルと呼んでいます。正常なヘアサイクルの頭髪は太くてツヤがあるのですが、ある物質に影響を受けるとヘアサイクルが乱れて短毛で細い毛髪が増えるようになります。ある物質とはジヒドロテストステロンというもので、男性ホルモンと5α還元酵素が結びついて作られたものです。額の生え際と頭頂部の細胞には、ジヒドロテストステロンを受け入れる受容体が多いので脱毛し、側頭部と後頭部は受容体が少ないので影響を受けずに脱毛しません。脱毛するのは生え際と頭頂部だけという特徴的な状態になります。これがaga(男性型脱毛症)を発症する理由です。agaを発症している年代は30〜50歳代が最も多く20代前後の若い世代の発症も増えています。agaの発症原因の1つとして、はっきりと解明されたわけではありませんが遺伝的な要素も考えられています。ジヒドロテストステロンの影響を受ける受容体の遺伝子が原因の1つと考える医師もいます。福岡では遺伝子の検査をして早めにaga治療を開始している病院があります。agaは進行性の脱毛症なので、agaの可能性がある場合は治療が早ければ早いほど効果が高くなります。福岡のaga治療クリニック、薄毛専門病院、皮膚科などでは内服薬や外用薬、毛髪再生医療などで治療を行っています。福岡の病院では初期段階であれば内服薬と外用薬、進行していれば毛髪再生医療に切り替えているところもあります。できるだけ早めに福岡のクリニックを受診することをお勧めします。